月別アーカイブ: 2016年8月

なぜ座高を測るのかについて

小学生の時の身体測定で、不思議に思ったことはありませんか?身長や体重を測るのは分かりますが、座高はなぜ測るのかと。私は最初は何も疑問に思わずに受けていましたが、後になってから気になったのです。考えてみましたが、結局分かりませんでした。しかし、自分で調べてみてその理由が判明しました。

身体測定は、明治時代に文部省の指導によってなされた「活力検査」が起源となっているそうです。その活力検査でも座高を測るようになっていて、その理由は上半身の長さは内臓の発達と関わっていると考えられていたからです。その根拠については不明ですが、なぜか明治以降もずっと測ることになったというわけです。

いかがでしたか?私もそうですが、スッキリしませんよね。今の子どもたちも座高を測っているかどうかは分かりません。もし、測っているのであれば、きっと子どもたちもなぜ測るのかと思っていることと思います。理由を聞かれた時に明確な回答をしてあげられないのがちょっと残念です。

音楽が好きな理由を考えてみた

今夜ほ、1晩音楽の番組があるみたいです。
テレビを見ながら書いています。
西野カナは、好きなアーティストさんですが、ワンコーラスでした。
可愛い詩に、キュンキュン来ます。
歌い方や、声の感じもいいですね。
残念です。
キャリーさんは、何曲も歌ってたのに。。。。
キャリーさんも可愛いですよ。
悩みがあるんでしょうか?
少し暗く感じるのは、きのせいでしょうか?
誰が決めるんでしょうか?
この人、1曲、この人3曲とか、やっぱり、人気順なんですかね?

わたしは、誰の歌でも好きですよ。
大勢で、ワーワー歌ってるより、本当の歌唱力のある人の歌がいいですね。ダンスとか、パフォーマンスとか、最近派手になっきていますが、じっくり落ち着いた歌で、勝負する歌い手さんは、最近少なくなった気がします。

時々、カラオケ行きますが、やっぱり昭和な曲が多くなります。それと、娘の影響で、最近の歌(平成に入っての曲は、最近に入ります)も少し歌います。歌ってその頃の思い出と、リンクして、懐かしく感じる事ができます。

変わりつつある歌の進化も見守りながら、人生の潤いにしていきたいと思います。

寝坊してしまった経験について

あなたは寝坊したことはありますか?学校や人との約束がある時に寝坊して遅れてしまったという経験がある方は多いのではないでしょうか?私はあります。今回はその時のお話を書いていきたいと思います。

私が寝坊してしまったのは大学生の時です。1時限の講義に出席できなくなってしまいました。当時私は1年生でした。一人暮らしを始めたばかりの私は、朝起きれるか不安でした。1時限の講義は9時前から始まります。私は携帯のアラームを設定し、準備は万全のはずでした。しかし寝坊してしまったのです。一度は目を覚ますのですが、その時点でアラームを止め、二度寝をしてしまうのです。

これが原因で寝坊してしまったわけです。始めて寝坊してしまった時は反省し、再発のないようにと注意していたのですが、少し経った後でまた同じ失敗をしてしまいました。真剣に考えたところ、手の届くところに携帯を置くとアラームを止めてしまうので、起き上がって歩かないと届かない場所に置くようにするのが一番であるとの結論が出ました。この方法を導入した後は、二度寝で寝坊することはなくなりました。

私は今でもこの方法を使っています。大学生の時は講義でしたから、出席できなくても誰にも迷惑はかけませんが、仕事となれば話は別ですからね。

ほくろが不安になった話

私はとても心配性です。何か体に異変を見つけては、大きな病気を疑ってしまいます。それで不安な日々を過ごしたりするということも多くあります。そこで今回は、ほくろが不安になった時の話をしていきます。

私が大学生の時のことでした。ふと足にあったほくろを見た時、色や形が変なのではないかと感じました。他のほくろも調べてみると、同じように違和感のあるほくろが複数ありました。色々調べてみると、悪性黒色腫なのではないかと疑いました。調べれば調べるほど不安になり、他のことに集中できなくなってしまいました。不安になった私は、近くの診療所へ行きました。診察を受けましたが、大丈夫だと言われました。

様々な症例を紹介してくれたり、長い間やってきたが悪性黒色腫だった人は数人しかいないといった話をしてくれたので、納得できましたし、安心しました。

このようにちょっとしたことで不安になってしまいます。しかしそれは早期発見につながりますし、知識も増えるので良いのではないかと思います。